クルマとくらす。モバイルとくらす。 

失って気付くもの。

クルマ
スポンサーリンク

F1を見ていて思うのは「速いクルマって乗りやすそうだなー」ということ。

オンボード映像(ドライバー視点のカメラ)で見てると、速いクルマほど無駄な動きがなく、ドライバーのステアリング修正が少ない。遅い車ほど上下左右にドタバタしてるし、ドライバーの細かなステアリング修正も多い。

クルマの動きそのものは物理現象なので、F1も公道を走るクルマも基本的に同じ。大きく違うのは速度域と、高速時に得られるダウンフォース量。

なので、ステアリング修正の多い車や、ドライバーが気付かずに蛇行していることが多い車は……。

公道で傍若無人なドライバーを散見するのは、そもそも車が傍若無人だからなのでは。という仮説からちょっと考えてみました。

というのも、自己破産をすることにしてトゥインゴさんはローン会社に返却になり。僕の健康上の理由で離婚をしたり。しばらくブログを更新できていなかったのは、まるで余裕がなかったからです。幸か不幸かわからないのですが、通院している病院も変わることになって。仕事以外の生活をほぼ全部見直すタイミングになりました。

今は実家に帰って生活をしていて、今後どうしていくかはあまり決まっていません。

実家はクルマが一人一台状態なので(徒歩圏内に駅がない)、色んなクルマを取っ替え引っ替え乗らせてもらってます。

  • VW ニュービートル(父)
  • ホンダ N-BOX初代(兄)
  • スバル エクシーガ クロスオーバー7(弟)
  • ホンダ N-ONE(義妹)

一台一台走った感じが全然違うんです。まー、そりゃそうなんですが。ホンダのNシリーズの2台ですら、全然乗り味が違うのが面白いです。やっぱりプロダクト(製品)ごとにきちんと見ないといけません。

そして、やっぱり、トゥインゴさんは自分の感覚に丁度良かったのだなぁと思い出します。僕の感覚だと、F1の速いクルマみたいに、安定して走りやすかった。勝手にドタバタしないし、操作すれば自然に反応してくれる。自分の感覚を取り戻せるようなクルマ。手を離れても、そう感じ得たことはいっぱいあって、それは自分の中で財産です。

今度はトゥインゴGTかトゥインゴ ZEN MTか、買えるように乗れるようにまた一歩一歩頑張っていきたいなと思います。トゥインゴを残して任意整理で進めたら離婚しなかったかもしれないけれど、結果論というかタラレバなので。そう考えるのはほどほどにして、前向いて行きましょうかね。

クルマ
この記事が気に入ったら
「いいね!」
おねおね!
ヤマーさんをフォローする
スポンサーリンク
かーもば!