iPad Pro 10.5インチとJISキーボードの組み合わせが快適。


えーっと、毎度のごとくうっかり買いました。新しいiPad Proの10.5インチと専用のJIS配列キーボード。今もその環境でこの記事書いてます。

買った理由ですが、

  • JIS配列キーボードの方が日本語入力の・英字入力の切り替えがしやすい。
  • 電子書籍が見やすくなる可能性。

の2点です。

前者のJIS配列キーボードは今回のモデルチェンジで用意されました(10.5インチと12.9インチとそれぞれ)。

MacでもPCでも基本的にJIS配列のキーボードを使うようにしているので(日本国内で代替えを探すのが簡単という理由)、iPad用もそうだと有難い。

両手の親指を使い、「英数キー」一つで英字入力に切り替えられ、「かなキー」一つで日本語入力に切り替えられるのが楽です。Windowsを利用する際も同様の操作ができるよう設定を変更します。

後者についてはレイアウトの固定された、いわゆるフィックス型の電子書籍コンテンツをより読みやすく。自動車関係の雑誌を読むことが多いので、大きい方が見やすいかなと。実際見やすくなりました。

期待していなかった効果としては、PC的な作業がしやすくなったこと。Wordやらで資料作るのが雰囲気やりやすくなりました。0.7インチしか違わないのですが、感覚的にこうも違うのか、と驚いています。

ただ、ディスプレイが大きすぎて布団に寝転んで使うには向かなくなりました。この用途だとiPad miniくらいの8インチサイズがちょうど良さそうです。

「PCがなくても仕事できるようにしたいなー」とふんわり思っていたのですが、うっかりこちらも実現できそう。ネットワーク機器の設定だと、トラブルを想定してPCでやってしまいますが。

今回使用している背面カバーはこちら。

ペンホルダーに使っているペンループはこちら。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク