モバイルブロードバンドの付加価値と難しさ。

  • 孫社長の決算プレゼンのトリックを公開。LTE時代の携帯電話通信キャリアの競争に必要なもの。それは、本当のユーザー体験。

ちょっと前のものですが、良い記事がありましたのでご紹介。

iPhone5の発表辺りには明確に「ソフトバンクも設備投資が苦しんだろうな」と思っていましたし、iPhone5発売後の契約数などを見ても「ソフトバンクの方が苦戦してるな」とは思っていました。

今はソフトバンクのiPhone5を持っている訳では無いので、内容が全て本当か、わからない部分もあるのですが、自分が観測している範囲では説得力がある内容だなと考えています。

「ユーザー体験」は、わかりにくい単語だと思う。ここでいう、「ユーザー体験」とは、ユーザーが使いたいアプリケーションが、ストレスなく快適に使えるということだ。もっというと、ユーザーは、モバイルブロードバンド・LTE/3G/WiFI等の通信速度を、まったく意識する事もなく、快適に使える事を示す。ユーザーが求めているのは、それだけなのである。

言っている事は全くもって正しい。ただ、それを達成するのにモバイルネットワークは必要不可欠であると同時に最大のボトルネックでもあるワケで。ユーザーがどんどん使えば、回線がどんどん混んで快適ではなくなる。そうするとキャリアは対応するためにどんどん設備を増やさねばならず、投資もどんどん嵩みます。

ソフトバンクに限らず各キャリアは厳しい場面に立たされているのだろうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク