Macbook Air(Mid 2012)をMacbook Air(Mid 2013)に買い替えました。

image

Macbook Airの13インチをMid 2012モデルからMid 2013モデルに買い替えました。理由はストレージの容量不足対応。Macbook Airで最大容量の512GBに。中身は殆ど写真と音楽と仮想マシンのイメージです。

今まで使っていたMid 2012のストレージが256GBで、残り容量が10〜20GBの状態で格闘し続けて数ヶ月。VAIO Pro 11を売った後にソフマップのMacCollectionに寄ったところ、MacBook Air Mid 2013モデルのフルカスタムスペックの在庫が最後の一台だけあったので、うっかりそれをお買い上げ。うっかり。

Core i7/8GB/512GBだぜヒャッハー! しめて184,800円です(しろめ) ソフマップのMacCollectionはカスタムモデルも在庫で置いていたりするので要チェックや!

特に急いではなかったのですが、カスタムで発注すると通常でも10日〜2週間掛かっちゃうそうで、「しかも年末年始に掛かるタイミングなので、多分年明けになっちゃいますね」と言われたのもあり、在庫のモデルで手を打ちました。ホントはCPUはCore i5のモデルで良かったんですけどね。

Mid 2012とMid 2013では見た目も全然変わらないし、Thunderboltを使って環境丸ごと移行しちゃったのもあって、全く買い替えた気分がありません。これはいいのか悪いのか。ちなみにThunderboltを使っての移行はデータが200GB以上あるのに1時間掛かってないです。とってもデータ転送が速いのでオススメ。ケーブル高い上にこれ以外の作業で使いませんけど。

Attripの人が買ってた13インチのMacbook Pro Retinaディスプレイモデルも考えたのですが、解像度の問題でかえって作業領域が狭まってしまうので選択肢から落としました。あの奇麗な画面は魅力的だったんですけどねー。まあ保守的な選択をした事は確かです。

スポンサーリンク