iPhone 7とiPhone 7 Plusに目新しさがないですね雑感。

iPhone 7/7 Plus

iPhone 7とiPhone 7 Plusが発表になりました。

iPhone 6sと6s Plusから見た目殆ど変わらない、6ssっぽいとか指摘されてたりとか。まあパッと見変わらないし、公式サイトの比較表を見ても寸法も高さ・幅・厚さ全て変わってないんですが。

ただ、6/6 Plusの頃からの「あーデザイン的にイマイチだなぁ」というところは直して来たんじゃないかと。背面のいわゆるDラインとか、カメラの周りとか。グレーがブラックになったりとかもそう。細かいところをですが。

今回は見た目でのチャレンジを控えて、イヤホンジャックを廃止してワイヤレスオーディオに舵を切ったり、日本国内でFeliCaを採用してApple Payを立ち上げたりと、iPhoneの周辺にあるエコシステムの立ち上げに注力したんじゃないかなーと思いました。

iPhoneの販売台数がサチってきているから、他で売り上げを上げる準備なんだろうと。見た目を変えたことで「見た目」が嫌われても仕方ないわけですから。防水に対応したことも嫌われないための選択、と考えると割としっくりくる。

そもそも外見を変えずに中身で勝負するモデルチェンジは難しい。スマホに限らず「キープコンセプト」でモデルチェンジして失敗した例はいくらでもある訳で。今回は今後のために外見を以外の変えるべきところを変えたモデルチェンジなんじゃないかなー。スマホ市場自体が成熟してきている証拠・象徴の一つでもありますが。

何はともあれ、ひとまず現物を早く触ってみたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク