トゥインゴにタコメーターを追加してみた。

ルノー トゥインゴ

トゥインゴにはエンジンの回転計(タコメーター)がありません。ついでに言うと、冷却水の温度計もありません(警告灯のみ)。「割り切り」「フレンチのエスプリ」を感じるステキな仕様です。ぼかぁ好きですよ。

とはいえタコメーター無しだと、ならし運転中は不便なので追加してみることにしました。

まずはOBD2コネクタからクルマの情報を取ってきてくれるアダプター(某友人がプレゼントしてくれましたー、多謝)。なお、トゥインゴのOBD2コネクタは助手席のドア付け根辺りにあります。

次に表示に使うテキトーなAndroidスマホ。今回は懐かしのHTC EVO 3D(ISW12HT)です。久々に起動してみたところOSのバージョンが2.3だったので、4.0に上げました(まだアップデートできるのしゅごい)。

受け取ったクルマの情報の表示に使うアプリとして「Torque Pro」を。無料のLite版もありますが、動作確認にだけ使ってサクッとPro版に課金しました。それが作者へのリスペクト(少ないけど)。

接続の設定はこちらのサイトを参考にしました

ODB2 アダプターと Android携帯を Bluetooth 接続して車のデータを確認してみよう | Mazda Fan Community – マツダ・ファン・コミュニティ

タコメーターと水温計、それに時計が足らないので表示に追加しました。

スマホの固定はこちらのスマホホルダーを使ってます。吸盤の設置面より下にぶら下げられるのナイス。

これでステアリングホイールの内側から回転計が確認できるようになりましたー。

今使ってるギヤが知りたいとか、見た目の変更したいとか、ブースト圧も知りたいとかありますが、ひとまず「タコメーター追加」の目標は達成。

営業さんから「慣らし中はエンジン回転数を3000rpmまでで、速度も80km/h以下してください」と言われて「タコメーターないですけどねー」と二人で笑っていたのですが、これで慣らしもはかどりそうです。

ルノー製の「R&Go」というアプリでもそれらを表示可能ですが、純正スマホホルダーの位置が遠いので、他のメーターのより近くに設置した次第。

試行錯誤している間に500km以上走ってしまったので、慣らしも折り返し過ぎちゃいましたが、まあそれはそれ……。

スポンサードリンク
ルノー トゥインゴ
この記事が気に入ったら
「いいね!」
おねおね!
Masashi Moriをフォローする
かーもば!