クルマとくらす。モバイルとくらす。 

レガシィはオール・ウェザー・スポーツカーだ。

クルマ
スポンサーリンク

ツーリングワゴンですけどね。

ツッコミがくるのは承知の上で書きますが、そう感じました。いわゆるピュアスポーツカーではないですけど。オールラウンドというほど最低地上高がないので、オールウェザーと。昔どこかで同じ表現を見た気もしますが、感じたことは書いておこうかなと。

まず運転が楽しいこと。注文事項はあるけれど、これは間違いない。MTなので(法的にも)乗れる人は選びますが、別に難しいわけじゃない。でも、一瞬一瞬が楽しい。たぶん思い通りに動くことが多いから。そうじゃないのは低扁平タイヤが路面に取られたときと、スタート時のターボラグくらい。基本的にはゆっくり走っててもいいのが良い。

で、パフォーマンスも高い。正確に言うならば、車としてのキャパシティが大きい。最大出力もそうですが、トルクもそうだし、車体そのものもそう。16年前の車体にしちゃーしっかりしてます。スバルがWRCに参戦していた時期なのも関係しているんじゃないかな。当時はタフなサファリラリーも残ってたはず。

あとはAWDであること。常時全輪で駆動する安心感がたまらない。走り出しの一瞬から気づく人は気づくはず。前輪駆動の引っ張る感じとも、後輪駆動の後ろから蹴り出す感覚とも、違う感覚。これは好きな人には差さるでしょう。スポーツグレードでも道具感、あります。

荷物も積めるし、スタッドレスタイヤを履けば舗装路ならどこでも行ける。そんな気分になる車です。気分になることが重要なんです。兄は「高速でも疲れない!」って嬉しそうに言いました。多分些細なことだけど、重要なのはそういう気分が変わること。

車で生活が変わる。そういうことの起きる車です。いやー、楽しいですなぁ。自分の車じゃないけどw スタッドレスを履くならインチダウンしてみたら面白いかなぁ(まだ言ってる)