マツダ ロードスターRFに乗ってみたらすごくステキだった。

デミオの洗車をお願いしにディーラーに行ったら、ロードスターRFが置いてあったので見に行ったところ、担当の営業さんが「乗っていいよー」と乗せてくれました。

中をみたらトランスミッションはMT。わかってる。これはわかって置いてある。シートがレカロだったので、最上級のRSグレードだと思います。あとホイールが純正じゃなさそう。

走り出し。1速に入れてスーッとクラッチを繋げるだけでそろそろと走り出す。そこからアクセルオンでオッケーです。エンジンマウントもしっかりしているようで、パワートレインの不快な揺れもなし。

ステアリングも感触がいいです。ステアリングから感じるタイヤの感触が信用できる。この辺はタイヤ履き替えたデミオより上です。え、なにこれ。真っ直ぐ走るのも曲げるのも楽。出たばかりの頃のソフトトップ版現行ロードスターは神経質なところがありましたけど、こっちはなさそう。

乗り心地、と言ってしまいますが当たりは割と硬いです。でも不快じゃないレベル。

あとシフトチェンジが楽しい。縦置きのトランスミッションらしく、しっかりした作りを手応えで感じます。ここも気持ちいい。

ルーフを開けるのもセンターコンソールのスイッチ操作だけでOK。スイッチを押し続けると時速10Km以下なら開閉できます。昔実家にホンダのビートとトヨタのMR-Sがありましたけど、それらから比べると隔世の感がある便利さです。ハードトップというのもありますが。

ルーフを開けるとボディのしっかり感は落ちますが、風が気持ちよく感じられました。ってことは他はだいだいオッケーってことです。はい。

走り終わって担当営業さんに開口一番「これデミオより運転し易いんですけど!」って言ったら「そうなの!」って自信たっぷりに返ってきました。なにこれ。欲しい。

このサイズのFRというだけでも貴重なのに、ちゃんと作り込んであります。割と魂入ってると感じました。これはステキです。

http://www.mazda.co.jp/cars/roadster-rf/

スポンサーリンク