デミオのタイヤを「ミシュラン エナジーセイバープラス」に換えて3ヶ月。運転がもっと楽しく快適になった。

昨年の9月にデミオちんのタイヤを履き替えて丸3ヶ月ほど経ちました。履き替えた直後の記事はこちら。

距離としては2000kmくらい走ったと思いますが、クルマにも僕自身にも馴染んだ感覚がします。

なによりの証拠が、「こうクルマに動いて欲しいから、このくらいハンドルを動かして」と考えるよりも先に、手が動くようになったことです。頭で考えるよりも手が先回りしてくれる。それでいてイメージ通りにクルマが動いてくれるので、凄く安心できます。

あとは、運転中無駄に入っていた腕の力が抜けました。多分、以前は必要以上に細かくハンドルをコントロールしようとして力が入っていたんだと思います。ハンドルの操作に対してクルマの挙動が神経質だったので。それがコントロールしやすくなったので、力を入れずに済むようになったんだと思います。

以前は運転していて「イラッ☆」っとすることが多かったんですが、それがものすごく減りました。よほど道路環境が悪くない限り、運転自体が「癒やし」や「落ち着く」助けになっています。奥さんにも「君にとっての運転は“ライナスの毛布”みたいなものだね」と言われたり。隣に乗っていても感じるところがあるのかもしれません。

良いです。デミオにミシュラン エナジーセーバープラス。

メーカーの改良でもタイヤの銘柄は変わってなさそうなので、一度変えてみて体感して欲しいなーと思います。やっているけど量産で採用できないのかもしれませんが。

スポンサーリンク