残るはFCCの承認。ソフトバンクによる米スプリント買収が臨時株主総会で承認。

image

米国の通信事業者であるスプリント・ネクステル(Sprint Nextel、スプリント)は、臨時株主総会において、ソフトバンクによる買収案を承認したと発表した。ソフトバンクからも同様の発表が行われている。米国政府機関の連邦通信委員会(FCC)の承認を得れば取引が完了するとのことで、その時期は7月上旬になる見込み。

ようやくようやく。FCC(米連邦通信委員会)の承認が残っていますが、それもほぼほぼ問題ない状態のようです。残るはスプリント子会社のクリアワイヤ完全買収が上手くいけば。そこがスタートではあるのですが、頑張ってもらいたいです(買収金額をさらに積み増して形勢を逆転したようですが)。

尚、下記のWirelessWire Newsの記事でスプリント買収の経緯がまとめられています。興味のある方は是非読んでみてください。

  • ソフトバンクによるスプリント買収までの経緯まとめ
スポンサーリンク