廉価版iPhoneはTD-LTE対応?

image

ちょっと前のお話ですが、廉価版iPhoneのコードネームやスペック情報が流出してきたとのこと。ザックリと3つのコードネームが出てきたようです。

コードネーム「Bertone」は3GがTD-SCDMAに対応しているので中国市場向けですね。この規格は中国しか使ってないので。「Zagato」はLTEがFDD-LTEとTD-LTEに対応するようです。これが日本市場に入ってくるなら廉価版iPhoneではSoftbank 4Gも使えるようになるかと(ソフトバンクのSoftbank 4GことAXGPはTD-LTE互換なので)。都内での体感速度が少しは改善されるんじゃないでしょうか。まあ廉価版で対応するならフラッグシップの方の次期iPhoneも対応するんじゃないかと思います。

iPhone 5の発表から1年近く経過して、LTE周りの機材がこなれてきたところから、対応する周波数やら増えるのだろうなぁと予想しています。auの800MHz(Band26に内包されるBand18)もそれに含まれるんじゃないでしょうか。

各コードネームのスペックは以下の通り。

コードネーム:Zenvo

  • LTE:FDD-LTE
  • プロセッサ:H5P (Samsung製/450MHz〜1.23GHz/デュアルコア)
  • RAM:1GB DDR 400MHz
  • 無線:Wi-Fi、Bluetooth 4.0

コードネーム:Zagato

  • ディスプレイ:4インチ
  • LTE:FDD-LTE/TD-LTE
  • プロセッサ:H6P
  • RAM:1GB DDR 400MHz
  • その他:GPS、Wi-Fi、Bluetooth 4.0

コードネーム:Bertone

  • ディスプレイ:4インチ
  • LTE:FDD-LTE/TD-LTE
  • 3G:TD-SCDMA
  • プロセッサ:H6P
  • RAM:1GB DDR 400MHz
  • その他:GPS、Wi-Fi、Bluetooth 4.0
スポンサーリンク