ウォークマン「NW-F880」の32GBモデルを買いました。

ストレス発散であることは認めざるを得ない!

ウォークマンのNW-F880シリーズから32GBモデルの「NW-F886」を買いました。色はブルーです。最近音楽を聴かなくなっていたので、ハイレゾ対応のウォークマンでも使えば変わるかなぁと思った事が切っ掛けでした。iPhoneやMacで聴くとあんまり音質良くないので、聴く気がなくなっちゃうんですよね。

NW-F886はその点優秀です。音質は全然違いますね。今まで聴こえなかった音が聴こえるようになって、音が立体的に聴こえてきます。これがハイレゾ音源じゃなくて、普通の圧縮音源を聴いているのだから驚いてしまいます。ただ、圧縮音源のアップコンバートができるのは標準でついてくる「W.ミュージック」アプリだけのようで、他のプレイヤーでは適用できないのがちょっと残念です。(※追記 確認してみたところ他のプレイヤーアプリでも適用されるようです。設定は「W.ミュージック」アプリの中にありますが。)

今までの音楽ライブラリはMacのiTunesの中にあるので、iTunesとAndroidを同期する「iSyncr」というアプリを使ってウォークマンの中に音楽を流し込んでいます。これだとiTunesで作ったプレイリストがうまくウォークマンに反映されないので(プレイリストはあるけど中身が空っぽの状態)、仕方なくプレイリストを手動で作り直そうかと思っています。

Wi-Fiで通信してるとバッテリーがゴリゴリ減って行くので、これは要注意かもしれません。iSyncrで同期しながら充電していると、バッテリーの数値がほとんど回復しないくらいです。普段はWi-Fiオフで使うようですかね。

ディスプレイは4インチの854×480ドットTFT液晶で、最近のスマホに比べるとイマイチな解像度で若干ジャギーが気になります。とはいえ「ウォークマン」なのでそれほど気にする事はないのでしょう。発色自体は良い方なんじゃないかと。

Andorid的な話で言うと、内蔵されているストレージが「内部ストレージ(1GB)」と「USBストレージ(26GB)」に別れています。音楽データなどは「USBストレージ」に入るようです。「内部ストレージ」だけ、「USBストレージ」だけの初期化もできるようですね。

AndoidなのにどことなくAndroidっぽくない。基本的にはAndroidと言う汎用OSを利用して作ったウォークマン、という印象です。あんまりAndroid端末という認識をしない方が良さそう。なので、あんまりアプリも入れず、カスタマイズもせず使っていこうと思っています。

と言いつつホームアプリをNova Launcherに置き換えちゃったんですが、これはホーム画面を1枚だけに減らしてシンプルにするためです。最初からシンプルに作り込まれていたらいいのになぁと思いますが、コストの関係で難しいんでしょうかね。ベースにAndroidを採用するくらいですからね。

あ、ヘッドホン買いました。

スポンサーリンク