WiMAX2+のモバイルルーター、NAD11が届いたので使ってみました。

週末にWiMAX2+対応のモバイルルーター、NAD11が届きました。

NAD11

開けて見ると薄いです。Galaxy note3とMacBook Air 11インチとの比較。

NAD11 Galaxynote3 MBA11

一見大きいですが、URoad-Aeroと大きさを比べると、縦横のサイズはあまり変わらないです。

NAD11 URoad-Aero

一日山手線に乗っている状態で使ってみましたが、WiMAXに落ちる場合が多いです。感覚でですが7〜8割くらいはWiMAXかな。

WiMAXに落ちる

エリアマップで見るとWiMAX2+のエリアも広がっているようなのですががが。

しかもWiMAXとWiMAX2+の切り替わりにも結構タイムラグがあるんですよね。WiMAX2+の中身はTD-LTEでWiMAXとは全然違う技術なので仕方ないですけど。もうちょっとWiMAX2+に繋がるようにならないとしんどいかもしれないですねぇ。

まあそれは移動中の場合で、恵比寿のオフィスで電源を入れてみたら安定してWiMAX2+で入ってました。WiMAX2+のハンドオーバーでもうまくいっていないんでしょうかねぇ。

バッテリーの持ちも通勤往復+αとそれ以外は休止状態にしていて残りが70%割ってるので、丸一日稼働は厳しそうです。休止状態&リモート起動使って持たせるとか、それなりに工夫が必要そう。

そんな感じなので、イマイマはWiMAX2+対応だからと言ってメリットはあまりない気がしちゃいます。が、来年にはWiMAX側の帯域が狭くなっちゃって、その分WiMAX2+側の帯域が広くなるみたいなんで、新しく契約しようと言う人は今のうちからWiMAX2+対応のNAD11にしちゃっても良いような気はします。今もWiMAXの契約がある人は慌てて乗り換えるほどではないかなーと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク