朝のタスク・スケジュールをiPad Proで可視化する。

ウチの嫁さんは朝寝坊さんです。結婚前のデートでは2〜3時間遅刻されることがザラでした。今も会社に遅刻することがぼちぼちあるようで……。

様子を見ていると

  1. 段取りがそもそもできてない
  2. 朝起きる時間がバラバラ
  3. 毎日作業順序が違う

ということに気がつき、これは一つの流れを作って見せたほうがいいなぁと。子供の夏休みの宿題をタスクに落とし込んで管理したり、家事をフローチャートにして夫婦間で共有したりという記事が話題になってましたし。

一枚っぺら、紙に書けば終わる話でもあるんですが、手元にiPad Pro(9.7インチ)とApple Pencilもあるので、最初からデジタルで描いてみることにしました。

使ったアプリケーションは「GoodNotes 4」。方眼紙のような背景を選べるのでこのアプリにしています。

239e400168d7091b112d18cc5574ac0c.jpg

当たり前なんでしょうが、案外スラスラと書けます。調子に乗って書いていたら字が汚すぎて書き直すハメになりましたがw 書き直すのも消しゴムツールが扱いやすく、こう書いて消してまた書いてとやりやすいのがデジタルの良さだよなぁ、と再認識。消しゴムでキレイに消すのってなかなか上手くいかなくて。

割と書き方はテキトーなのですが、これだけの作業項目があって、この時間に起きないと間に合わないよーと伝わればOK。

JPEGで書き出して嫁さんのスマホにも送り、手元で確認できるようにしました。複製コストが限りなく低いのは最初からデジタルで書くメリット。テキストで書いてもいいけど、手書きの方が早いということもあるかなと。

これを見せた後の嫁さんの変化としては

  1. 目覚ましの時間を自分で15分早める
  2. 何分発の電車に乗れたか連絡が嫁さんからくる

の2点をこちらから言ってないのに自発的にするようになりました。会社にもギリギリ間に合うようになってきたようで。そのまま習慣化すればよいなー、というところ。

今までは「もっと早く起きないと間に合わないんじゃない?」と言っていたんですけど、それってその後の組み立てができること前提の丸投げなんだなーと気が付きました。やり方を変えて具体的に示すとちゃんとリアクションが返ってくるんだな、というのは私にとっても学びの機会になりました。

まあ、このためにわざわざiPad Proを買うことはないけれど、あればこう使うと便利だなってとこです。手書きのアプリは使いやすいのでオススメっす。

スポンサーリンク