LINEモバイルを店頭で申し込んでみた。メインの電話番号をMNP。

LINEモバイルは2017年3月15日から、店頭での申し込みができるようになりました。対応したのはヨドバシカメラとビックカメラ。ものは試しということで、即日開通をヨドバシカメラAkibaで申し込んでみました。

ヨドバシAkibaは専用の窓口ではなく、SIMフリーコーナーでLINEモバイルを契約したい旨を伝えると、LINEモバイルの担当者が受け付けるといった形。今回対応頂いた担当者は代理店のスタッフではなく、LINEモバイルのスタッフのようでした。

今回はメインで使っている電話番号をMNPしてみました(チャレンジャー)。まあ他にドコモの契約とかもありますし……今回は手持ちの端末を使うため、SIMのみの契約です。

今回、店頭受付開始以外にLINEモバイルを選択した理由としては

  • MVNOでは非常に混む言われる昼休み時間でも、データ通信速度が比較的落ちないという評判。
  • MUSIC+プランの対象にGoogle Play Musicなども含まれる予定が発表された。

の2点が決め手。

窓口では最初に

  1. 担当者からヒアリング(仕様端末など)とプランやオプションの説明。
  2. 担当者からiPadを手渡され、Webブラウザ上の登録画面で個人情報の入力とプランやオプションの選択を終えたら担当者へ返す。
  3. 免許証の取り込みやクレジットカードの登録は担当者が作業。
  4. 内容確認画面で申し込み内容を確認。修正点があれば修正。

ここまで20分程度。

契約処理の完了までに1時間程度掛かる、という説明で一度窓口を離れました。平日の午前中だったこともあるのか、30分ちょっとで完了(登録画面で入力したアドレス宛に完了メールが届きます)。

SIMカードの入ったパッケージを受け取り、パッケージ費用の3,240円をレジで支払って無事手続き終了です。パッケージ費用はヨドバシポイントの対象(10%)になります。なお、SIMの発行手数料は別途、初月の料金と合算で請求されます。

今回はコミュニケーションフリーの音声通話SIM・10GBというプランを選択しました。LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ量消費がなく(カウントフリー)、それ以外に10GB使えます。

正確には

  • Wi-Fiとモバイルデータ通信の切り替えたタイミングは少々データ量を消費してしまう
  • Twitter・Facebook・Instagramのカウントフリーついては公式アプリのみ対象(Facebookの場合はMessengerも対象外)

という説明がありました。また、音声通話SIMの場合は12ヶ月間の最低利用期間があり、それ以前に解約・MNPをすると10,584円の解約手数料が掛かります。

3,478円と他の格安SIMよりも少々高い料金、な気がしますがカウントフリー分を含んでいると思うとアリなのかなと思いつつ、データのカウント量も含めてレポートできれば。なお、現在はキャンペーンもあり、初月及び3・4ヶ月目の基本利用料が無料となっています。

LINEモバイルのオンライン申し込みはこちらから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク