埼玉県の南東端でXiとイーモバイル LTEを比べてみる。

こんにちは、ITオーエン団の森です。

先週末、実家に帰った時にドコモのXiとイーモバイルのLTEのエリアチェックをしたのでその結果など。その時写真を撮れば良かったのですが、忘れてしまいました…

で、下写真の左がドコモのXiデータ端末のL-04Dで、右がイーモバイルのLTE対応データ端末のGL01P。ちなみに普段使いの鞄にはどちらも入ってます…

結果から言うとL-04D(ドコモ)は3Gで、GL01P(イーモバイル)はLTEでそれぞれ接続されました。実家の位置は埼玉県の南東の端ギリギリ、それこそ東京都でも千葉県でもチャリで10分以内には行けると言うような場所で、駅からも離れた郊外。ドコモが3Gなのは仕方ない気もしますが、逆にイーモバイルは大健闘ですね。

とは言え、これは納得の結果でもあって。

ドコモは既存の3Gで使っている周波数をXi(LTE)に切り替えながら展開をしていますが、イーモバイルは今まで使っていなかった周波数も使いながらLTEの展開をしています。なのでドコモのXi(LTE)の展開はどうしても難しく、イーモバイルの方がやりやすい。都内に居てもイーモバイルのLTEはカバーしているエリアが広い感じを受けるのは、そういう理由があるからだろうなぁと思っています。まあそのうちドコモも新しい周波数が使えるようになる予定ですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク