iOSの「YouTube」アプリはグーグルから提供へ

こんにちは。ITオーエン団の森です。

新しいiPhoneの発表も近いか!? と話題のアップルについて話題を一つ。

iOSの「YouTube」アプリはグーグルから提供へ

「YouTube 」アプリ、iOS 6には搭載されず – グーグルが独自アプリを新たに開発中

The Vergeがこの件についてアップルに問い合わせたところ、同社側からは「iOS端末にYouTubeアプリを含めるライセンス契約の期限が切れた。 SafariブラウザではYouTube動画を再生できるし、グーグル(Google)は現在、App Storeからダウンロード可能な新たなYouTubeアプリの開発を進めている」との回答が得られたという。

iOSのYouTubeアプリの提供元がアップルからGoogleになる、と捉えると、ようやく本来の状態になったとも思えます。

iPhoneが発売された頃はまだスマートフォン市場も立ち上がる前で、アップル自らがプラットフォーム上のアプリを用意する必要性がありました。でも今はGoogleがリソースを割いてでもiOS向けのアプリを作る意味がある。そう言う環境の変化というのの現れでもあるのだろうなぁと思います。

そう言う意味では「健全になった」のかもしれません。

スポンサーリンク