スプリント買収、ディッシュが断念か。

image

米携帯電話3位のスプリント・ネクステルを巡り、ソフトバンクと買収合戦を繰り広げている米衛星放送会社のディッシュ・ネットワークは18日、ソフトバンクに対抗する新たな買収提案を見送ると発表した。スプリント買収を事実上断念したとみられ、ソフトバンクによるスプリント買収がほぼ確実になった。

このまま行けばソフトバンクがスプリントを買収することになりそうです。

ただ、ソフトバンクとディッシュの買収合戦はスプリントの子会社であるクリアワイヤにも及んでいます。クリアワイヤは米国内で広大な電波帯域を持つ通信会社であり、現在はWiMAXでサービスを行っていますが、これをTD-LTEへ置き換えて行く予定になっています。日本国内でAXGP(TD-LTE)を運用しているソフトバンクとしては駒として欲しいと。

元々ソフトバンクの買収発表後にスプリントがクリアワイヤを完全子会社化するという話が出ていたのですが、そこにディッシュが割り込んだ形。現在はディッシュの条件がいいと言う事でクリアワイヤはディッシュに傾いていますが、そもそもクリアワイヤの50%超の株式はスプリントが既に持っている状態です。

スプリント買収を諦めたディッシュがさらにディッシュに良い条件をつけ、このままディッシュが買収することになるとややこしさ満点の状態になりそうです。

スポンサーリンク