各キャリアのiPhone 5s/iPhone 5c対応LTEネットワークについて比べる。

image

各キャリアのiPhone 5s/5c対応ネットワークの特徴をサラッと書くと、

  • docomo:1.7GHz(Band3)のLTE転用で速度向上(東名阪のみ)
  • au:800MHz(Band18)対応でエリアが広がる
  • Softbank:来年の中頃まで今まで通り

端末が同じになる以上、まずはインフラの競争になると思いますが現状ネットワークを増強する以外にないSoftbankはちょっと辛い。AXGPことTD-LTE(Band41)に対応するという噂もありましたが、蓋を開けてみれば対応無し。グループ会社になったイーモバイルのネットワークを3Gから全てLTEに転用する位しか対応が思いつきません。となると料金プランでアグレッシブなことをしてくるのはSoftbankかもしれませんね。

auもエリアは広がりますが、元々電波の広がりやすい800MHz(Band18)を使って広げているので基地局が少ない等トラフィック対策が十分ではないかも。都心はもうちょっと2.1GHzの基地局が充実してくるといいんですが。

そう考えるとドコモは東名阪限定ではあるものの1.7GHz(Band3)で今まで以上の広い電波帯域を使えるようになるので一番快適になるかも。個人的にちょっとこれは使えるようにしておきたいです。

まあ実際に使って、ユーザーが増えてこないとどうなるかわからないんですけど。個人個人がよく使う場所によっても変わりますしね。全体的な傾向の話として参考になれば幸いです。

スポンサーリンク