ドコモのiPhone 5s/5cでパケ詰まりが多い?

image

iPhone 5sと5cでパケ詰まりが最も多いのはドコモ――9月30日、ブランド総合研究所が調査結果を発表した。調査によれば、パケ詰まりを起こす確率は、ドコモがもっとも多く16.8%、ソフトバンクが3.9%、auが2.4%と最も少なかった。

ドコモのiPhoneでパケ詰まりが多い、というお話ですが、おそらく無線部分が混んでいての結果だと思います。高速道路の2車線区間でも、よりクルマの多いところが混んで速度が出しにくくなるのを想像してもらえるとわかりやすいかも。

基地局から端末までの無線通信部分は周囲にいるユーザー同士で共有することになるので、ユーザーの一番多いドコモが一番辛いのは分かりやすい話(ユーザーが多くても使える周波数の幅はそれほど変わらないので)。都心部のターミナル駅(新宿駅など)で一番辛いのはドコモでしょう。逆に比較的空いてるauやSoftbankはまだマシなワケです。特にauの800MHz(Band18)はまだユーザーが少なくてガラ空きなハズ。

まあその辺りも基地局の設置具合や端末の性能にもよるわけですが、まあ全般的な傾向ということで、ひとつ。ドコモは新しくBand3(1.7GHz)の基地局整備も進めるようなので、少しずつ改善されていくかもしれませんね。

【関連記事】

スポンサーリンク