auが国内初のキャリアアグリゲーション導入へ。通信最高速度は75Mbpsx2で150Mbps。

KDDI キャリアアグリゲーション

CAと言えばキャビンアテンダントだろミニスカ万歳! とか言ってみたくなるお年頃の筆者です。すいませんタイトなパンツスーツの方が好きですすいません。

今回発表されたCAとはLTE-Advancedに採用されている技術の一つ、キャリアアグリゲーションのことです。簡単に言うと、LTEで使っている2つの電波を束ねて使用することで高速化するというもの。KDDIでは現在運用している2.1GHz帯と800MHz帯を束ねてスペック上最大通信速度150Mbpsを実現します。

ぶっちゃけユーザーの実環境で実行速度が上がるかわかりませんが。混雑が平均化されて、結果として快適になる可能性はあります。最大通信速度で話をすると、2.1GHz帯だけで20MHz幅使って150Mbps達成するエリアと、2.1GHz帯(10MHz)と800MHz帯(10MHz)を束ねて150Mbpsを達成するエリアがあります。なので、スペック上の最大通信速度が上がるエリアが増えることになるかと。

ただ、端末側の対応も必要なので、今使っているスマートフォン/タブレットがキャリアアグリゲーション対応になるかはわかりません。今夏発売の端末には対応しているものがあるでしょう。

サービス開始時点では2500地点、2015年3月末には全国2万地点を目指すということなので、全国展開は早いかもしれません。

スポンサーリンク