iPad AirをNexus 5のBluetoothテザリングに接続してセルラー版っぽく運用してみる。

Nexus5

「きっとあんまり持ち運ばないだろう」とWi-Fi版を買ったiPad Airですが、買ってからきっちり毎日持ち運んでいて、「セルラー版買っとけばよかったー」と後悔している日々です(SIMフリーのセルラー版は整備済品のWi-Fi版より2万円くらい高かったんだよう)。

そんなあなたにBluetoothテザリング!

と言うわけで、Nexus 5のBluetoothテザリングを有効にして、iPad Airをぶら下げっぱなしにしています。テザリングというのはスマートフォンのインターネット接続機能を他の端末に共有する機能です。

テザリングには

  1. Wi-Fiテザリング
  2. Bluetoothテザリング
  3. USBテザリング(有線ケーブルで接続)

の3つの方法がありますが、無線でかつ消費電力が少ないのがBluetoothテザリングです。一日接続しっぱなしでもNexus 5側の電池が半分以上残っているので、接続・切断やテザリング自体のON/OFFなどの操作を行うことはほとんどありません。デメリットとしてはBluetoothの通信規格上、通信速度が若干遅いこと。

とはいえ多少速度が遅くても、取り出したら何もせずにネットに接続できることに意味があります。iPadを取り出して、ルーターの電源を入れて、接続するまで待って、とやっているとストレスですが、Bluetoothテザリングならその作業は要りません。

よほど重いデータのやりとりをする際はWiMAX2+のモバイルルーターをスリープから起こしたりしてますが、そもそも自宅や職場にはWi-Fiのアクセスポイントが設置されているので、接続設定さえしておけば勝手に接続してWi-Fiを優先して使ってくれます。なので、困ることは殆どないですね。

ちなみにBluetoothテザリングにぶら下げつつ、Bluetoothのキーボードと同時に使っていても問題ないです。

Nexus 5以外にもiPhone 5/5c/5sや、一部のAndroidスマートフォンもBluetoothテザリングに対応しているので、Wi-Fi版のタブレットをお使いの方はBluetoothテザリングを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク