iPad miniのテザリングにiPhone5をぶら下げてみる。

image

先日iPad miniはLTEだけどiPhone5は3Gなことがあります。って記事を書きましたが、じゃあLTEを拾いやすいiPad miniのテザリングにiPhone5をぶら下げてみよう、と試してみました。

まずはiPad miniの「インターネット共有」をオンに。

image

iPhone5のWi-Fi設定画面でiPad miniのアクセスポイント名を選択したら接続が完了します。

これでも使える事は使えるのですが、iPhone5がスリープに入り、暫く経ってから使おうとするとWi-Fi接続が切れてしまっています。これはiPhone5がスリープに入った際、自動でWi-Fiをオフにしてしまい、iPad miniもスリープに入った際に自動でWi-Fiをオフにしてしまうからです。他に接続し続けている機器があれば、iPad miniがスリープに入ってもWi-Fiはオンのままのようなのですが…

仕方ないのでBluetoothでのテザリングも試してみようと思ったのですが、iPad mini(Wi-Fi+Cellular)とiPhone5だとどうもペアリングできないようで。

iPad miniの設定を変更してスリープしないようにすると言う手もあるのですが、私はスリープ連動するケースを持っているので、その手はちょっと選択しづらい。もう一台のスマホ、RAZR Mを常にぶら下げてiPad miniのWi-Fiがオフにならないようにする、というのが妥当かなと悩んでいるところです。

スポンサーリンク