iPhone 6sとiPhone 5sを比較してみた結果とは。

昨年iPhone 6 Plusを放り投げてからというもの、メインスマホ探しの放浪の旅に出ておりました。買っては売り、買っては売りを繰り返しました。

そして出した結論が「iPhone 5sがベター」でした。やっぱり手に収まるサイズのこのスマホが、iPhone 5sがメインのスマホとしては現状のベターであると。

で、止しておけば良いのに買いました。iPhone 6s。

iPhone 6s

サイズも素材も微妙に変わり、重量も少々重くなり、実はバランスが見直されて良い端末になっているのではないかと期待半分、やっぱりダメなんじゃないかという悪い予想半分。

で、実際に触ってみて「やっぱり手に収まるサイズはiPhone 5sまでである」というのは再確認しました。ええ再確認です。

が、iPhone 6sは処理速度が違いました。体感でわかるほど違うのです。速い。Webの情報で得ていたメモリ倍増は確かなようです。しかも体感速度にかなり効いています。6sから5sに戻ると「あれ、こんなに遅かったっけ?」と思うほどに。6s使うまでは一回もそんなこと思ったことなかったのになぁ…

Touch IDの処理速度も早くなっていて、これは動画を取りました。というわけで以下。

というわけで、気の短い私はもう戻れませんでした。さらば5s。こんにちは6s。次はお気に入りのケース探しだな!(待ちなさい)

※3D Touchはまだ慣れません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク