iPad mini Retina Wi-Fi+Cellular(au)を買いました(料金プラン編)。

image

前回のポストでチラッと書きましたが、今回の料金プランは「先取り!データシェアキャンペーン」を適用させることにしました。月々の支払いは以下のようになります。

  1. LTEフラット for Tab(i) cpスタート割:1,050円
  2. LTE NET:315円
  3. テザリングオプション:0円(最大2年間無料)
  4. AppleCare+ for iPad紛失補償オプション(i):567円
  5. auスマートパス:390円
  6. 機種代金(iPad mini Retina 16GB Wi-Fi+Cellular):2,310円

合計で4,632円です。通常のパケット定額かつスマホセット割を組んだ場合で同様に積み上げると5,752円なので、それなりにお得感はあるかと。

LTEフラット for Tab(i) cpスタート割と言うのがデータシェアのプラン名で、このプランは毎月割が付きません。毎月割と言うのは月々の機種代金分を使用料金から値引きますよー、というものです。一見お得に見えるこれを持ち出して、ケータイキャリアは「実質 0 円」と宣伝していたりしますが、別に機種代金が無くなる訳ではありません。

機種代金を実感させない為の「見せかけ」の売り方で、2年間24回払いの途中に機種変更や解約をすれば、機種代金の支払いはそのまま残りますし、割引も終了します。実際の機種代金や使用料金がユーザーから見えにくくなる売り方なので、個人的にはあまり好ましくないと思っています。

今回のプラン、使用できる通信容量は少なくなるのですが、十分に安いプランなので割引がなくなっても負担感はあまりないです。むしろわかりやすくてスッキリしていて、大変好ましいと思います。もう一歩踏み込んで、家族のスマートフォンやタブレットと通信容量を共有したり、容量のバリエーションがもうちょっと増えたりすると良いのですけどね。

ちなみにauの始めるデータシェアというのは、auのスマートフォンとタブレットで使用できる通信容量をまとめて9GBとし、その分タブレットの料金がお安くなるプラン(最大2年間1050円/月、3年目以降2992円/月)です。これが2014年の6月以降に使えるようになります。

で、今年の9月20日からその料金体系だけ先行して使えるように、というのがこのキャンペーンです。スマートフォンとタブレットでそれぞれ7GB使えますが、料金はデータシェアと同じ最大2年間1050円/月、3年目以降2992円/月になります。

3年目以降の金額が跳ね上がるのが気になりますが、あと2年経てばまた見直しが入るんじゃないかと勝手に想像しています。というか、してください…>auさん

auスマートバリューの割引も3年目に入ると減るので、自宅の固定回線もどうしようかなとぼんやり考えています。

スポンサーリンク